ドラッグストアで買える「首イボ用クリーム」の選び方&人気クリーム5選!

☆★★ 人によってはオススメ

首イボや顔イボを、少しでも早く治したい!出来てしまった首イボを除去するには、病院で取ってもらうのが一番早くて確実な方法です。

でも、首イボを除去してもらうときの痛みは避けたいし、通院の時間と手間を考えると、ドラッグストアで購入できるクリームでケアできたらいいのに…と思いますよね。

実際に薬局に行くと、いくつもの首イボ用クリームが売っていて、どれを買っていいのか迷ってしまった方も多いのではないでしょうか。

今回は、首イボクリームの選び方と、売れている人気の首イボクリームをご紹介していきます。

ドラッグストアで買える首イボクリームは2種類!

ドラッグストアで販売されている首イボ対策用のクリームには、医薬部外品と、化粧品の2タイプがあります。

どちらも「首イボが確実に取れる」というものではありませんが、

医薬部外品のクリームは薬効成分が配合されており、目元や首元のポツポツ角質粒にしっかり浸透するので、スピーディーで効果的なケアが期待できます。

デメリットは「値段が高い」ことと、基本的に「イボができた部分だけに使うタイプ」のため、首イボ予防としては使えない所です。

首イボや老人イボは、一度取れてもまた出てくることが多いので、予防もかねて使いたい場合は化粧品タイプの首イボクリームがおススメです。

薬効成分は配合されていませんが、ヨクイニンなど効果が期待できる成分を含むクリームになっており、顔や首・身体など広範囲に使うことができます。

首イボ対策には、どんな成分を選べばいい?

成分その1「ヨクイニン」

首イボ用の商品をネットショップで調べてみると、ほとんどのクリームやイボ用サプリメントに入っているのが「ヨクイニン」という成分です。

ヨクイニンとは、ハトムギの皮を除いた種から作られたもので、第3類医薬品として販売されているクラシエヨクイニンタブレットの説明書きを見ると

●「ヨクイニン」は、ハトムギの皮を除いた種(たね)で、昔からお肌のために用いられてきた生薬です。
●いぼや皮膚のあれにすぐれた効果があります。
引用:Amazon

と書かれています。

ヨクイニンは、なぜ首イボに効くと言われているの?

調べてみたところ、ヨクイニンは新陳代謝(肌のターンオーバー)を正常に導いてくれるので、イボの原因となる「古い角質」が肌から押し出されやすくなることで、肌をなめらかに整えてくれると言われています。

肌の細胞の生まれ変わりをサポートしてくれるので、首イボだけでなく、肌あれ予防のためにヨクイニンを愛用している方も多いようですね。

成分その2「杏仁オイル(アプリコットカーネルオイル)」

首イボの化粧品クリームに配合されていることが多い、もう一つの成分が「杏(アンズ)種子エキス」です。

国では古代から食用・薬用として使用されてきたアンズ(アプリコット)ですが、日本でもポツポツ対策として古くから愛用されてきました。

アプリコットカーネルオイルは肌なじみがく使いやすいテクスチャで、フェイシャルマッサージとしても人気があります。

あんず種子エキスは、なぜ首イボに効くと言われているの?

首イボは「老人イボ」とも呼ばれるイボで、年齢を重ねた肌の老化が原因と言われています。

その肌の老化と関係しているのが「パルミトレイン酸」という成分。

別名「若さの脂肪酸」とも呼ばれるパルミトレイン酸は、若い人の肌に多く含まれているのですが、年齢とともに減少してしまいます。

アンズの種子の中にある「杏仁(きょうにん)」から抽出された杏仁オイルには、この「パルミトレイン酸」をはじめとした高級脂肪酸が豊富に含まれているため、美肌効果、アンチエイジング対策としても人気があるんですね。

ドラッグストアで買える、人気「首イボ」クリーム5選

医薬品、医薬部外品、化粧品など様々な種類がある首イボ用クリーム。

口コミや売れ筋ランキングなどを参考に、人気の10種類に絞り込んでみました。

医薬部外品の首イボクリーム

キョウニンエキス、ヨクイニンエキス、プラセンタエキス、グリチルリチン酸、コラーゲンなどを含む「医薬部外品」の薬用クリーム。

ハトムギたっぷりの薬用ジェル。筆で気になる部分に塗るタイプ。

化粧品扱いの首イボクリーム

首イボ対策の成分「ハトムギ種子エキス(ヨクイニン)」と「アンズ種子エキス(キュウニンエキス)」に「グリチルリチン酸2K」を配合したクリーム。

クリームではなく夜塗って朝はがすパックタイプもあります。
リチルリチン酸2K、ハトムギ種子エキス、アンズ種子エキスのほか、オタネニンジン根エキス等がたくさん配合されています。

ハトムギ種子エキス、パーシック油(杏仁エキス)、パパイン酵素、リンゴ幹細胞エキスが含まれる、首イボ対策用のスポット美容液。

ドラッグストアの店舗によっては、取り扱っていないこともあります。

最近では医薬品もネットショップで購入することができるので、近くの薬局を何件も探すより、楽天市場やAmazonで通販する方が早いかもしれませんね。

マツキヨなど薬局では買えない首イボクリームも人気!

首イボ用クリームは薬局で買える物だけでなく、ネットショップ限定で販売されている物もあるんですよ。

ドラッグストアは商品数がとても多く、店員に尋ねても「首イボに対する悩みや効果」などについて細かく相談するのは難しいですが、

例えば、人気の首イボ対策クリーム「クリアポロン」の場合、メーカーが直接販売しているネットショップ経由であれば、サポートセンターを利用することができたり、

もし肌に合わなかった場合は、返金保証も付けることができます。

>>クリアポロンの公式販売ページを見てみる

 

定期購入など、継続するほど最安値になっていく割引制度もあるので、ドラッグストアで買うよりもお得になることも多いです。

気になる首イボ対策用のクリームは意外とたくさんの種類が販売されていますが、有効成分や、効果の強さだけでなく「肌に合うかどうか」も重要なポイントになります。

まずは、気軽に試せるものからチャレンジしてみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました